予約等ご連絡先

ルアー・ジギング船
予約につい

予約は電話のみ受け付けとなります。

電話番号
0470-38-2273
090-1114-4361

夜9時まで

詳しくはこちらをクリック!


 

渡船の連絡
前日には、海の状況により渡船出来ない場合がありますので、事前にご確認の電話をして下さい。

電話番号
0470-38-2273
090-1114-4361

夜9時まで

住所

千葉県南房総市白浜町白浜3584

  
投稿者 : 平野船長 投稿日時: 07-31 20:29 (460 ヒット)

黒潮本流の勢い(本流の流れ)が、あまり無い。
北極点の氷が溶けた事で、さらに寒流に押されているのが、ちょっと難点。

AM船、水温22℃と昨日より低下している。
大体、ヒラマサがヒットする時は、水温が低い。
でもって、ヒラマサ1本、マハタ1本(4.8㌔)、シイラ(メーターオーバー)のみ。
うぅ~ん、外した気がする。
                            by 平野

PM船は昨日と引き続き、私が出船。
水温24.2℃と上昇したようで、水色も少し良くなった。
2名で出船したのだが、シイラまつり。
メーター前後なので、面白かったようだ。
多分、今までいたベイトシイラは消えて、新しい群れって感じだが、あとワラサが1本、ロストが1本。
明日(木)、明後日(金)と誰も入ってない
是非、来て。
                            by 大和田

明日から、俺はマグロへ。
クーラー(飲み物は別)は、積み込まなくてもOK。
船尾に、150㎝×120㎝のオーダークーラーを設置した。
取りあえず、初出船、我が大陸棚をさぐる。
鳥を捜せ、見つからなければ、ディープジギングでカンパチ、イシナギをロックオン。
                           by 平野


投稿者 : captaindot 投稿日時: 07-30 22:56 (475 ヒット)

AM船、水温21.5℃からスタート。
しかし、徐々に上昇中のために、鳥山が出るが、ベイトシイラが死にそうになっている。
この反転時に、ワラサ2本(MAX4.6㌔)をゲット。
サーフェスの元気の良いナブラは、メジ。
予想は大当たりだが、ペンシルではダメで、何とポッパーにヒットした。
確かに、引っ張りの漁師は爆弾と言う、サーフェスをドカンドカン叩く道具でゲットしているので、ポッパーが同じように有効だ。
2~3本忍ばせておこう。

 

PM船、思ったより早く水温上昇し、25℃オーバーになった。
当然、アタックが小さくなり、ブレークもあった。
メジは相手にしてくれない。

 

明日予定のメンバーは、チャンス。
多分、カツオも入って来る。
トップを充実、ボトム付近のマサにも要注意。

 

しかしだ、週末(土、日)青ものジギング船の予約が皆無って、どう言うこと?
俺は、確かに1日から、沖に行くが、浅場の得意な大和田船長がブイツー号を出す。
彼は俺より、ずっと優しいから、デビュー組は何でも聞いて、覚えて、練習して。


投稿者 : 平野船長 投稿日時: 07-29 20:10 (436 ヒット)

AM船、やる気のシイラ(ベイト)が一杯。
逆潮で水温が低下し始めている。
多分、22℃前後まで水温は低下している。

PM船、1名で出船だが、潮がグチャグチャで更に水温低下した。
しかし、上がり間際には、こみ真潮に変化。

急潮注意報が4時に出た。
いよいよ、大島西水道から黒潮分流が入り始めた。
明日には、更に流入量も増し、本流も近づいている。

明日の予定は、アングラーは、新しく入って来るターゲットを狙う事になる。
今いる魚は、3℃以上は水温上昇がありそうなので、ボトムに沈む。
こう言う時に動けるヒラマサは、デカマサなので要注意。
また、カツオとメジが入って来ると思うが、PMになると思われる。

夏のデビュー組は、分からない事は船上で俺に聞いてくれ、遠慮するとストレスになる。
ストレス発散に来ていると思うので、楽しく行こう。


投稿者 : captaindot 投稿日時: 07-28 19:42 (389 ヒット)

昨日はブログをサボった、ごめん。
三崎と白浜の違いは、陽が差さないので、涼しいって事。
俺は、YouTubeでモリを打ち込むイメトレの真っ最中。
ターゲットが、止まったら、アングラーはひたすらポンピングで獲物を持って来る。
ヤツを泳がさないのが、ポイントになりそう。

 

昨日のAMは、シイラとサワラだが、流速がないためにやる気なしってところか。
海がベタナギのために、デカイヤツが水面をもじるのが良く見える。

 

PM船、今度は、潮がぐちゃぐちゃになってる。
まず、本流が少しずつ近づいているのと、寒流の流量(北極が溶けている)が多いために、ちょうど釣り合っているが、大島面水道に黒潮分流が入り始めたら、激減する。
それは、おいといて、ヒラマサとワラサゲット。

 

明日(月)から、誰も入ってない。
海洋調査船に、是非協力を。
デビュー組は、シイラでペンシルの練習をしよう。
そうしないと、秋からのヒラマサシーズンに、使えないので、ブレークさせたりして、白い目で見られる。
食わせる練習、走らせる練習、タックルの強度の練習


投稿者 : captaindot 投稿日時: 07-27 13:35 (378 ヒット)

マグロ船     VⅢ号(ブイスリー号、平野船長)
通常のギジング船 VⅡ号(ブイツー号、大和田船長)

 

8月1日から、いよいよ、マグロ船対応にVⅢ号が挑みます。

2隻、 VⅢ号(ブイスリー号、平野船長)と、VⅡ号(ブイツー号、大和田船長)が稼働いたします。

新体制として、基本的に、マグロ狙いの予約が有る場合、VⅢ号(ブイスリー号、平野船長)が担当します。

そして、通常通りのヒラマサ、ワラサ狙いのジギング船は、VⅡ号(ブイツー号、大和田船長)が担当し、2船で対応いたします。

電話での予約は、通常のジギング船予約とマグロ船予約かを言ってください。

 

マグロ船予約が無い場合は、VⅢ号(ブイスリー号、平野船長)が、今まで通り出船いたします。

予約お待ちします。

※ 「おしらせ・ニュース」にも、掲載しました。


« 1 ... 152 153 154 (155) 156 157 158 159 »
カレンダー
<  2017年05月  
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
アマゾン ショッピング