予約等ご連絡先

ルアー・ジギング船
予約につい

予約は電話のみ受け付けとなります。

電話番号
0470-38-2273
090-1114-4361

夜9時まで

詳しくはこちらをクリック!


 

渡船の連絡
前日には、海の状況により渡船出来ない場合がありますので、事前にご確認の電話をして下さい。

電話番号
0470-38-2273
090-1114-4361

夜9時まで

住所

千葉県南房総市白浜町白浜3584

  
投稿者 : captaindot 投稿日時: 08-23 15:18 (391 ヒット)

昨日、ブログをサボった。ごめん。

青物ジギング船。
AM船のみ、出船。
昨日から、土用波のようなウネリが届き始めている。
磯は、総かぶりなのだが、原因は通常なら、高気圧の南に台風が出来ている、もしくは出来掛かっているのだが、天気図を見ても分からない。
流速が、込み真潮でイカ場付近で5ノット近くあり、青物ポイントでも1.7~2.5ノット。
ブルームーンの魔の大潮のせいと、黒潮本流が段々と東から近寄り、三宅島が入れば、ウエルカムになるが、浅場でおとなしくキメジかヒラマサ、ワラサでもジグるしかない。
と全文に書いてしまった。

で、AM船は、魚探に魚の反応あるのに、相手にしてくれない。
まぁ、150gじゃぁと言うより、流速に逆らっても、無駄の所があるが。
シイラ4本(メータークラス)、ヒラマサ1本(3.9㌔)。

マグロ船
上記の理由で、ディープでカンパチだったが、ジグは真横に流れて、沈まない。
8時15分には、断念し、青物ジギング切替えた。
でもって、キダイ2枚。

土用波は昨日より、小さくなっている。
魔の大潮も終わり、ちょっとホッとしている。
週末はガラガラなので、カモン。
俺とヒラマサをゲットしてみよう。
俺がもし釣りをやるとすると日曜日にする。
大潮後の中潮は、大潮の影響が一日目に残りやすいから。


投稿者 : 平野船長 投稿日時: 08-21 17:03 (580 ヒット)

AM船のみ出船

魔の大潮、二日目。
潮、込み真潮、2~2.5ノット。
11時までは、全員打ち死に模様が。
いきなり、ペンシルでヒラマサをヒット。
1本行った切りで、2本目は船下に入って、俺はタモを持って、天を仰いだ。
フッキングはチャントしよう。
ロッドが入った瞬間、条件反射でロッドを立てる、それも3回。
こうして、ヒラマサのチャンスは逃したが、今度は、2ケタ台のキメジが20本位で、飛ぶ。
当然、15mまで寄せて、叩くのだが相手にしてくれない。

込み真潮(南西から)と大潮の影響で、メジが浅場まで入った模様。
只今、水温差をシェイク中。
シイラ、その他活性が悪い訳だ。
キメジのベイトにされてしまう。
まあ、アドレナリンが高まる、全員打ち死になった。
日頃のストレスは、テンションMAXで飛んで行ったと思うが。

明日、AM2名、PM1名の予定。
いくら何でも、これじゃ活性どころじゃない。
上手くすれば、ヒラマサ、キメジの可能性が高い。
アングラー諸君、是非来て欲しい。

デビューしたいメンバーは、是非。
楽しくがモットー、何でも見て楽しんで、出来ればターゲットがヒットして、一人一人のドラマが心に刻まれる。

最近、デビューしたメンバーで、凄く運の良いアングラーがいる。
波に乗ってると云うか、ファーストでワラサ系をバグり、セカンドでハタ系をものにし、サードであのヒラマサをゲットした。
中華料理の世界では達人として名高いようだが、俺はTVをまったく見ないので、たとえば嵐のマツジュン?が来たとしても、分からないと思う。ごめん。

病気療養中のオーナー夫人が復帰した。
彼女は、女傑の分、全てを責任持って解決しようとするタイプのために、体が悪くなっても、、手持ちの薬、これがまた、抗生剤から、痛み止め、タミフルまで、大箱で持って行って、ちょっとの風邪位なら、みんなにくばるのだが、風邪が治らないと薬を飲み過ぎ、肝臓がやられ(A型肝炎、二回目)、糖尿にも引っかかり、決めつけは喘息。
それらを直すのに、時間がかかった。
明日から、事務所に出る予定。

「マグロ船、スタートさせたのに居なくて、ごめん。
来てくれた人達の感想を乾燥を聞きそびれた。
明日から、また、よろしくネ」とのメッセージ。


投稿者 : captaindot 投稿日時: 08-20 21:32 (380 ヒット)

変速出船、明日は俺が出船する。
AM船3名、PM船1名の予定。
現地集合OK。
この水温差のある状態で、段々とヒラマサのいる位置が狭まっている感じがする。

 

AM船、出船。
シイラ祭り、デビュー組が多いので、ずいぶん楽しんだようだ。
テイクアウトしたヤツは123㎝だった。
良い感じの水温26.1℃。
流速は2ノット。
サンパク、シイラ多数、バラシ多数。
フッキングが甘いと、と言うか魚に掛かって貰えないので、アングラーが引っかける。

 

PM船、出船。
水温が低下して、シイラが遊んでくれなかったようだ。
でもって、イナダ4本。
ジグが結露するらしい。
だから魔の大潮(満月の時)になるのだが、明日はどうかと言うと、分かったら教えてと言う状態。

 

ただ、チャンス(デカイ奴)もデカイので、システムは最強で。
やっぱり、ジグ150gの三色グロー系。


投稿者 : captaindot 投稿日時: 08-19 23:48 (460 ヒット)

俺、マグロ船休みで、青物ジギングAM、PM出航。

昨日から秋雨前線に向かって、南西風が吹いているため、ちょっとオフロードが、だいぶオフロードに変化した。
おまけに、沖にあった高水温が押して来て、浅瀬まで27℃に上昇した。
マグロ場は、29℃あるのかなという感じ。こういう変化時は、デカいヤツしか動けないが、大当たり。
やっと正面の魚拓を張り替えたが、オーダーメイドのクーラーに初めて入れたのが、ヒラマサになった。

AM船、ヒラマサ1本(11キロ、110cm)、ブリ1本(6.8キロ)、イナダetc。
PM船、白浜中の船が全滅。
でもって、全員うち死にした。

さて、明日は高水温にターゲットをはなれて来ていると思うが、この落差で行けばデカいヤツがチャンスになるが。
ジグは、グロー系、キャストカウントダウン20の斜めジャーク。


投稿者 : 平野船長 投稿日時: 08-17 18:24 (3035 ヒット)

昨日ブログサボった、ごめん。


受付のTELが、転送になるのが遅いので、ダイレクトに携帯に予約を。
昨日は水温27℃になって、魚たちの反応が消えたようだ。


まあ、確かに29℃の水温帯に囲まれているが。
昨日から、クルーザーがウロウロとトローリングをやっていて、今日のAM6:30ごろ、みんなのポイントの一番浅場のオーサ根に突っ込んで沈没。
漁業無線の緊急救助要請が入ったが、俺ははるか沖に。
全船で4名救助。
今年の夏はこれで2隻目になった。
一億の船がパーになった。

もっとは、「お知らせ・ニュース」をご覧下さい。


今年は、土用波(台風が遠くにいて届くウネリ)も出ず、瑞々しい状態なので、岩礁も見分けることが難しい。
安易に、浅場を走るのは白浜海域では無謀なことになるので注意。


青物ジギング船。
AM船、出船。
昨日、27℃の水温上昇で、バグるはずが、全滅に近かった。
今日は25.9℃と低下してやがる。
4.5キロのドラッグが、一気に出されてぶち切れられたようだ。
確実にヒラマサ、それも高低差の水温時はデカいやつ。
でもって、イナダ2本だけ。


みんなのポイントは、保安庁の船や他船でいっぱい。
おまけに、沈没したクルーザーを2隻でひっぱり乙浜港に入れようと苦戦中。
船首だけの状態なので、大変だったらしい。
乙浜の航路で動かなくなっている。
水深より、船体が長いのでムリか。
水深が30mあっても、柱のようなデカい根がいたるところにあるので、クルーザー、モーターボートはゆっくり走る事。
地元の漁船の近くは、特に注意しよう。


PM船。
ヒラマサ1本、ワラサ2本、サンパク、イナダ17本。
多分打率10割。
グロー系のピンク、オールシルバー、ブルーのキャスト、ななめジャーク。
なんか、PMの方が断然いいが。
水温下がるからか。


マグロチャーター船。
水温27.9℃、まあ29℃に囲まれているので、この水温。
当然クロはいない。
キハダになるが、魚体を見せるヤツは相変わらず相手にしてくれない。
見えている3~4キロのカツオも同じ。
先輩漁師に相談したら、「ベイトがついて、高水温の時は何をやっても喰わないぞ」と言われてしまった。
9時にチャーターメンバーはめげて、青物にチェンジ、ワラサ3本、イナダ、etc。
諸君の知恵にかかっている。
明日のメンバーは考えてほしい。


by 平野


« 1 ... 152 153 154 (155) 156 157 158 ... 163 »
カレンダー
<  2017年06月  
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
アマゾン ショッピング